zeroでいこう!

遊佐浩二さん、興津和幸さんなど出演作品のレビューブログ。S思考な方向け。

下天の華~星見の宴~に参加しました!  


8/21に神奈川県民ホールで開催された『ネオロマンス・フェスタ 下天の華 ~星見の宴~』昼の部に参加しました!
浴衣入場特典があるとのことなので、約二十数年ぶりに浴衣を購入♪
会場近くの美容院で着付け&ヘアセットを頼んだのですが、お店にいた他のお客さん達も目的地は同じっぽかったです(笑)そして着慣れない浴衣&下駄で半日行動していた結果、翌日は動けなくなるほどの全身筋肉痛に(;´▽`A`` 来年また浴衣を着る機会があれば数週間前からストレッチをして挑もうと思いました(笑)

そんなわけで、庄司さんも仰ってますが2013年のネオロマアニバーサリー・イヴから約3年、ようやく羽柴家が揃ってのイベントでした(≧∇≦)!
セットリストは<公式サイト>をご確認いただいて、内容はDVD化しますのでそちらでご覧いただければと思うので、印象に残ってる感想を興津さん中心に書いておきますv

今回の興津さんの髪型は官兵衛さんを意識した感じっぽいふわっとしたヘアスタイルでとってもお似合いでしたv
朗読劇はやや長め。
官兵衛さんに殺人の容疑がかかって評定が執り行われる…という感じなので官兵衛さんがお話の中心にいたのでとても面白かったです。官兵衛さんは完全天然ストーカーキャラになってました(*≧m≦*)
お話のなかで官兵衛さんの
官兵衛「貴様ああああああ!!一体何をーーー!!!!」(ちょっとセリフ違うかも)
怒号が聞けるんですが、普段ぼそぼそと低音で喋る官兵衛さんが人が変わったかのように本息で怒鳴り散らすのが最高に面白かったです。そして興津さんの絶叫は本当に耳に心地よい素晴らしい絶叫。もっと叫んでいてほしい。←危ない
でまたこの時に興津さんは音割れを避けるためにちょっとマイクから後ろの下がるんですよね。その動きもツボv
あと、久しぶりに近くでお芝居をする興津さんを眺めていて、ああ、やっぱり私は興津さんのお芝居をする姿を見るのが聞くのが一番好きだなぁと改めて実感しました(///∇//)
興津さんの演じている時の表情を見ているのが好き。全身で演じているのを見ているのが好き。
そして役に応じて演じ分けられる声色の変化と技術を目の前で感じられるのが好き。
その姿にはいつも見惚れています。で、その演技が凄いほど素に戻ったときとのギャップも好きなのでトークコーナーとかも見たいのですが、こちらは若干ハラハラしながら見ています(笑)今回もアンコールの時にキャスト全員が舞台を自由に歩き回って歌っているのですが微妙に誰とも絡めなくて気づけばセンターに1人でポツンといたときには、ああああ誰か興津さんを構ってええええ!とハラハラしてアンフィニと一緒に踊ってるどころではありませんでしたヽ( ´ー`)ノ
そんなところもひっくるめて興津さんを応援したくて頑張ってイベントに通っちゃうんですけどねv

『至上の華』も良かったです~v
思えば興津さんが自分の持ち歌を人前で初めて歌ったのはこの曲なんですよね、たぶん。
8000人の前で歌った経験を持つ今の興津さんは堂々たる歌いっぷりでしたヾ(≧∇≦)ノ"
そして「♪奪い去ってもあぁ~いいだろうか~」の後に手を耳にあてるから「あ、これ欲しがってる!」と思いましたが、あのタイミングで言うのは無理だって!!てゆか、前回のイベントの時はサビのあとに台詞で振りを入れてくれて、それに応える形で「いいともー!」って言ったのであって歌詞に対しては言ってないって!!…とエンディングの挨拶で「皆言ってくれなかった!」としょんぼりする興津さんに言い訳したかったです(;´▽`A``
でも「いいだろうか?」「いいともー!」のやりとりは覚えていてくださってて安心♪
この話を興津さんとお客さんがやってる間、森久保さんが他のキャストに「え?なに?以前なんかあったの?」という感じでキョロキョロされてて、「いいともー!」と答えたお客さんの声を聞いて「こんなんやったの!?」みたいなリアクションを取っていたのが何気に面白かったです(^ー^* )
ペンライトは青色(水色かな?)を振ってる方が多かったですね。
前回のイベントでは官兵衛さんのライトカラーってエメラルドグリーンだったんですよね。下天はグリーン系のキャラが3人もいるしキンブレにはエメラルドグリーンがないし見ようによっては官兵衛さんの衣装は青系にも見えなくもないから、青系だったのでしょうね。

ビズログファンミに続いてまたもやのじけんさんにおまんじゅうを食べさせられる興津さんも身体はって頑張ってましたv
朗読・歌・バラエティーコーナーと充実した内容の楽しいイベントでした♪
ところで公式Twitterが「昼公演はサプライズあり」と呟いてたんですが、特にサプライズがあったような記憶がないのですがどこの部分のことだったのか気になってます(;´▽`A``まぁキャスト全員和装でくるだろうと思っていたのが違っていたのはある意味サプライズでしたが(興津さんからのチョクメでちょっと予感はしてたけど…)

Posted on 2016/08/24 Wed. 00:09 [edit]

category: 声優の話(興津和幸関連)

tb: 0   cm: 0

オトメイトリゾートへようこそ!2日目  

8/14(日)のオトメイトパーティー2016の感想を書いていきます。
昼の部の出演者は(敬称略)、高橋広樹、柿原徹也、鈴村健一、立花慎之介、梶裕貴、佐藤拓也、遊佐浩二、杉山紀彰、緑川光、平川大輔、鳥海浩輔、森久保祥太郎、岡本信彦、前野智昭。
夜の部は、森久保祥太郎、鳥海浩輔、遊佐浩二、前野智昭、諏訪部順一、柿原徹也、森久保祥太郎、平川大輔、小野友樹、石川界人、梶裕貴、岡本信彦、鈴村健一。
MCはどちらの部も鳥海さんと森久保さんでした。

普段なにかと超神的危機回避能力で保身に走りがちな遊佐さんが、オトパでは比較的意外なお姿を見せてくださることが多い気がするのですが、今年も絶好調でした(≧∇≦)b!

【昼の部】
昼の部の朗読劇は『ノルン+ノネット』。
リセットを選ばなかった世界でノルンで旅する仲間達で、ノルンの活動を知ってもらおうと色々広報するにはどうしたら…みたいなことを相談するというお話だったかな。
一月はキャラクター相関図を書いてましたが、総突っ込みを受けて叫んでました。叫ぶ遊佐さんを堪能v

バラエティーコーナーは「ポーズDEポーカー」。
お題に沿ったポーズをチーム全員でBOXの中でとるんですが、そのポーズが何人揃ったかをポーカーのルールで採点するというゲームです。
これがめっっちゃくちゃ面白かった(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん!!
BOXのカーテンが開いた瞬間、微動だにしないポーズをとって現れるキャスト陣のインパクトにまず爆笑。
そしてそれぞれのキャストが思う趣向、性癖が分かるという恥ずかしいポイントもみどころ(笑)
昼の部で遊佐さんが挑戦したのは「漢らしいポーズ」と「必殺技」でした。
漢のポーズはジョジョ立ち(承太郎の「てめーは俺を怒らせた」のポーズと仰ってましたが若干他のも混じってたような)をしています!背中から腰のラインが湾曲していて良い感じでしたが、そのポーズを維持しなくてはいけないので遊佐さんがどんどん汗をかいていってたみたいです(司会者談)
「必殺技」についてはロイヤルストレートフラッシュ(全員同じポーズ)が出ました!
相手チームだった鈴村さん(だったかな?)曰く、「前野が(そっちに)いる段階で負けるなと思った」と(笑) 私もそう思いました(*≧m≦*)

エンディングは一人ずつご挨拶がありました。
最近はずっとチーム代表者が挨拶していたからそういう形になっていたのかと思ったのですが、やっぱり時間がおしてる場合の措置なのですね。今回はバラエティーコーナーがテンポ良く進んでいたのでお時間の余裕があったようです(^^)
遊佐さんは「今年で最後かな」と思いつつご登壇されてると仰ってましたが、いえいえまだまだ出てください!新作も控えてますし、なにより私の夢の実現のためにも是非!!!(祈)

お別れメッセージはトリが一月です。
一月の甘いセリフを言い終わったあとの、遊佐さんの蠱惑的な微笑がほんっとうにたまりません(*´д`*)
そして読んだメッセージの紙を小瓶につめて顔の前に持って来て…小瓶にキスかな?と思っていたら、
右手でちゅっと投げキッス!!!!!
ぎゃあああああああああああああああああああああああっっっっっっ//////
一瞬息をするのも忘れて見惚れておりました。
遊佐さんの投げキッスなんて本当に本当に貴重でこの乙女の祭典でしか見られないんじゃなかろーかというくらい本当に貴重で更にテレる風もなく堂々とカメラ目線でしてくださってるので東京国際フォーラムの大スクリーンにそれが映し出されて5000人がそれを目撃しなお且つ円盤として収録されるから全国の方々にも目に触れられる機会があるわけで、とにかく、ありがとうございます!!!とスライディング土下座をしたくなるくらい最高の瞬間でございました。
Blu-rayで必見です。


【夜の部】
夜の部は薄桜鬼でのご出演ですが、MCが鳥海さんと森久保さんのためオープニングも遊佐さん一人だけでご登場です。
遊佐「俺たちも行くぞ!って言いながら出てくるのは僕だけ…」
みたいな感じでとにかくやたらと「寂しかった」と訴える遊佐さんが序盤から可愛いです(*/∇\*)

バラエティーコーナーは昼の部と同じです。
遊佐さんが挑戦したのは「グラビアアイドルのポーズ」。
「これは皆の癖(性癖)が出ますよ!」と司会の二人が煽るもんだから観客も楽しみに拍車がかかります!vv
そして相手チームの誰か(鈴村さん?)が「女豹のポーズとか」とかなんとか前フリしていたのですが、、いやいやそんなこと言ってもこのメンバーで女豹のポーズをとってくれる人なんていないですよ~ヽ( ´ー`)ノと思っていたのですがいざBOXのカーテンが開いたら、
女豹のポーズをしている遊佐浩二(48)!!
マジでか!!!!!!!!!<◎><◎>カッ!!!!!!!!
もう私は即効双眼鏡で女豹ゆっちーの胸元をロックオンですよ!!
いやー、男がしても女がしても見る場所は同じなんですね!(いや遊佐さんだからというべきか)
しかもですね、一瞬じゃないんです。チームメンバーがそれぞれ取ったポーズについての解説を聞いてる間も遊佐さんはずっと女豹のポーズのままなんです!
遊佐「決して痛風でこういう格好になってるんじゃないんです!」
そりゃまぁ50代前の一般男性がこういう格好でいたら「大丈夫ですか?」とつい声をかけたくなる気がしないでもないですが、遊佐さんのは紛れもなくグラビアアイドルのポーズにしか見えませんでしたよ無問題!(*´д`*)
そしてですね…私は見えたんです。女豹ポーズから立ち上がろうと重心を前に倒した遊佐さんの胸元にできた谷間を。
2階席の私の前あたりにいたカメラさん!!あなたの視線と私の視線はほぼ同じ各度だったはず!!録ってくださいましたよね!?( ゚Д゚)クワッ ←知るか
ちなみにおっぱい派とお尻派と分かれていて、各キャスト陣の好みはよく分かりましたので必見です( ̄m ̄〃)
次のお題は「乙女ゲームでキュンとくるポーズ」(詳細忘れた)みたいな感じで、つまりはイベントスチルを再現すればいいんですねということに。
鳥海?「自分が演じたキャラクターのシーンをすればいいんですよ」
遊佐「それじゃ揃わないでしょう」

そりゃそうだ(笑)遊佐さん、ツッコミ部分は逃しませんv
そして皆が取ったポーズが色んな奇跡を生みだしていて最高でした(_≧▽≦)ノ彡☆ばんばん
前野さんと遊佐さんは壁に向かってキスするポーズvv
前野さんは顎をつかむ感じ、遊佐さんは頭の上に腕を回す感じのポーズで唇を突き出していてテレを越えてもう笑いが出てきます。更に前野さんがキスしているポーズに遠近法でキスしているように見せようとしている鳥さんの行動に会場大爆笑。スクリーンには完全に二人がキスしているみたいに映ってて更に大発狂(笑)
これを見て思ったのですが、もし前野さんと遊佐さんが同じ壁をつかって向かい合ってチューのポーズをしていたら完全にやばいことになっていましたね…ひいい///
こちらの二人はニアミスでしたが、柿原くんと梶くんはお互い壁ドンしている上にまったく同じ手の位置になっていたのでやってる当人達も大爆笑していました。
岡本くんと界人くんは逆立ちチュー(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん これは先輩のリクエスト?に応えていたのですが、身体を張って頑張っていました(笑)それにしてもどんなシチュだよコレ(笑)
夜の部では遊佐さんのメロキュンワードが聞けました~v
左之さんなのにやたら吐息たっぷりで言ってたのですが、若干息が上がってたのかな?(;´▽`A`` トップバッターの先輩が語尾にセルフエコーを入れたので、その後メロキュンワードを言う人達が皆セリフの最後にセルフエコーを入れ始めて面白いことになっていました。ただし前野さんは凄いことになっていました。
メロキュンワードのトリは界人くん。
先ほどまで逆立ちをしていて汗をかいている界人くんを気遣ってか、界人くんが着ていたジャケットを脱がしにきてくれる遊佐さん。おお、先輩優しい…と思ったらパンッと皺を伸ばすようにジャケットを振って、また界人くんに着せてます(笑)
なにがしたかったの、ゆっちー(≧∇≦)

夜の部の朗読劇は『薄桜鬼』。
左之さんの人柄がすごくよく分かるお話で、やっぱり左之さんはイイ男だわ~と惚れぼれとして聞いていました。
朗読劇後のキャストトークが終わったら上手に捌けていく遊佐さんと吉岡さん。普段の遊佐さんだったらレディーファーストで吉岡さんの後をついていくように捌けるはずなのですが、さり気なく吉岡さんを追い越す感じで捌けていきます。ん?とちょっと引っ掛かったのですがすぐにエンディングに突入。
鳥海「では本日のキャスト陣に登場していただきましょう~」
MCのコールに合わせてキャスト陣が出てきますが遊佐さんが下手からふつうに登場。
えええぇぇ、さっき捌けてから再登場までに1分も無かった気がしますよ!?∑(・Д・ノ)ノ
舞台裏を上手から下手まで猛ダッシュで走ったのかなと想像すると愛おしくてたまりませんでした(*^^*)


そんな感じで今年もみどころいっぱいのオトパでした!
かいつまんで感想を書いたつもりなのにめっちゃ長くなったった(;´▽`A``
遊佐さんのことしか書けませんでしたが、今回は前野さん無双といってもいいくらい前野さんが超格好良かったです/// 全公演出演されていましたが、眼鏡なし、眼鏡あり、ルパン風衣装…とビジュアルでも魅せてくれますし、生キスSEがたっぷりと聞けますし、眼福でございました(*´д`*)
平川さんもマイナスイオン大放出で本当に癒されました~。13日の和装は最高でした。
ああもう全員の感想を書きたいけどこれ以上は長くなりすぎてダメだ!詳細はBD&DVDでご確認ください!
今年も舞台裏の呟きBOXが収録された特典映像があるといいな♪

Posted on 2016/08/17 Wed. 22:22 [edit]

category: 声優の話(遊佐浩二関連)

tb: 0   cm: 0

オトメイトリゾートへようこそ!1日目  

8/13、8/14と東京国際フォーラムで開催されたオトメイトパーティー2016に
参加いたしました!
今回は『レンドフルール』がくる可能性はあるだろうと思っていたので、興津さんと遊佐さんのイベント共演が叶うかも!と密かに期待していたのですがッ!
まさかの別日!!!
私の夢の実現はまだ遠そうです_ノ乙(、ン、)_

気を取り直して、1日目のキャストは(敬称略)、
柿原徹也、日野聡、宮田幸季、浪川大輔、前野智昭、鳥海浩輔、杉山紀彰、須藤翔、興津和幸、近藤隆、KENN、岡野浩介、平川大輔。MCは鳥海さんと鈴村健一さん。
興津さんは2008年以来の8年ぶりのオトパなのでオープニングトークでお話があるかな~と期待していたのですが、今年はオープニングトークは無しで、キャストトークは各作品の朗読劇が終わってからということになっていました。
一応キャスト紹介のときに、
興津「8年ぶりです!」
みたいな感じで自ら仰ってくださったけどその後のトークでもそのことには触れられませんでした(;´▽`A``ちょっと楽しみにしてたんですけどね。残念。
でもそのオープニングトークをなくしたり、バラエティーコーナーで客席へ声優さんが行く時間を省いて最初から客席にいたり…と通年感じていたgdgd感はなくてとてもテンポ良く進んでいたと思います。

オトパはBD&DVDに完全収録されるので興津さん中心にふわっとした感想をば。
『レンドフルール』は叙任式前の4人の少しコミカルなやりとりが描かれていました。まぁ叙任式後の展開は絶望しかないですからね(;´▽`A``、一番妥当な時間軸だったのかなーと思います。
レオンは相変わらず元気で叫んでいました。リアクションを取ることも多くて興津さんがお腹をさすったり顔を苦しそうにゆがめたり帽子を取ったり被ったり…とその仕草も見ていて楽しかったです。
オープニング歌唱は凄かったです。あとで鈴村さん?が仰ってましたがオペラを聞いているような迫力でした。
キャストトークでは、レンドでは演技について映画のように自然に(だったかな?)とか演技指導が厳しかったとキャストが口揃えて言う中、
興津「僕は特に何も言われず、そのままでいいですと…」
制作者側が求めるものと興津さんがぴったりだったってことですかね(*≧m≦*)

バラエティーコーナーはサンドアート伝言ゲーム。
お題をサンドアートで描いてそれをチーム内で伝言していき、最後の人からそのお題を答えていくのですが何人目で正解がでるか、というのを競うゲーム。
こちらは1回戦オンリーで客席に降りる声優さんはすでに客席にスタンバってました。
1階席は平川さん、2階席は興津さん。
興津さんは久しぶりオトパだし客席に行くだろうなと予想していましたが2階席とは( ゜o゜)!2階席は大変だよ~走らなきゃいけないよ~汗かいちゃうよ~?と思っていたら案の定ステージに戻って来た興津さんは汗濁でずーっとハンドタオルで汗をふいたり、隣の近藤さん?にパタパタを仰いでもらっていました。眼鏡をはずしてせっせと拭いていましたが多分映像には収録されていないだろうなと思ってここに記載しておきます。
興津さんの眼鏡をはずした姿、何気に好きなんですよvというか、眼鏡をはずして素顔を見せてまた眼鏡をかける、その一連の行為が好きです(笑)眼鏡をはずした興津さんって結構印象違って見えるのでそのギャップに萌えます。まにあっくです。
あと、隣の人がサンドアートをしている間、順番を待っている人はサングラスをかけて視界を遮っているんですが興津さんのサングラス姿に妙に安心したのはブラボの懐かしさが蘇ってきてたからかもヽ( ´ー`)ノ
で、自分の番になってサングラスをはずす興津さん。そのまま隣の杉山さん?の作品を覗くのですが眼鏡をかけてないから「あ、見えない」と慌てて自分の眼鏡をかけてた仕草が可愛かったですv
あとここのサンドアートのみどころは白手袋をする声優さんです。
メロきゅんワードは興津さんは当たりませんでした。悔しいッッ!!(笑)次回に期待。

エンディングの挨拶は時間がないため各タイトルの代表者が挨拶でした。
そして最後のお別れメッセージは、トップバッターがレオン!
お前を帰したくないとかなんとか言ってた気がしますが、ようやく今回のイベントで興津さんの甘いセリフが聞けた~ということに満足してよく覚えてません(笑)
そして読み終わったあとのアクション。ここは近年声優さんが指パッチンとか投げキッスとか色々キュンとくるパフォーマンスをしてくださるので観客が一挙手一投足に注目しています。
興津さんが読んでいた紙を丸めてます。
傍に置いてある瓶に詰めます。
顔の傍まで掲げたかと思うと…
小瓶に遠慮がちに軽くキス。
その小瓶を持って去っていきフェードアウト。

・・・・・・・・・(///・ω・///)
あ、今年はこういうことね。

と、流れを理解するのにいっぱいいっぱいで、興津さんが小瓶にキスした!というキュンポイントには咄嗟に反応できませんでした(笑)ここは是非もう一度BDで見直したいところ。遠慮がちにキスしてた気がするんですよね。テレが入ったのかな?とか表情をもう一度確認したい。
この流れが分かったあとは声優さんのパフォーマンスに大いに萌え、笑わせていただきましたがそれは円盤にて。

Posted on 2016/08/16 Tue. 22:04 [edit]

category: 声優の話(興津和幸関連)

tb: 0   cm: 0

ビズログファンミに行ってきました!  

7/24に舞浜アンフィシアターで開催された「B's-LOG FAN MEETING 2016」夜の部に参加しました!
約2時間40分ほどのイベントでしたが、このイベントの約2時間分がニコ生で放送されました。
ニコ生で見られるなら現地まで行かずとも~な方が多かったのかどうかは分かりませんが、客席がガラガラ(;´▽`A``
来場したお客さんをぎゅっと詰め込めば9列目までで全員座れたのではという感じです。
キャストの皆さんがめいいっぱい盛り上げてくださろうとしてるのが伝わってくるので、こちらも全力で応えるべく歓声やらサインライトやらを振りましたが、ニコ生では会場の歓声はほとんど聞こえてませんでしたね(笑)

夜の部の出演者は(敬称略)、山谷祥生、赤羽根健治、松風雅也、野島健児、興津和幸。
今回は告知されていたとおりキャストの皆さんが全員浴衣姿!!(≧∇≦)
興津さんはすごく和装に合う身体つきなので、期待しまくっていましたがやっぱり似合いますねー!!
白地で涼やかな感じです♪
でも引き締まって見える濃い色の浴衣の方がもっとお似合いだな~というのも気づきました。
そしてアンフィは円形な上に興津さんがやたらと動き回るので(笑)、私の大好きな腰~尻のラインを堪能できてひっじょ~~に眼福でございました(*´д`*)

イベント中も興津さんがとっても元気!
客席の近くに何度も来てくださってファンサービスがありがたかったですヾ(≧∇≦)ノ"
まさかまたここでウェーブが出来るとは思いませんでした(笑)
興津「舞浜でパレードしたよ!」
と無邪気な行動も可愛らしいですし、満面の笑顔なのが見ていてこちらもニコニコしちゃいました。
そしてそれに翻弄されるMCの西山くんと武内くんが面白くて(笑)
夏祭りゲームのときも進行している西山くんの肩にカブトムシを乗せて邪魔する興津さんに爆笑(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
野島さんと興津さんの、
野島「(お土産が)ひとつじゃや~だぁ~!」
興津「泣かないで!泣かないで!いっこ!いっこだけ!好きなのあげるから!」

このやりとり超可愛かった(*≧m≦*)
下天チームの朗読は凄く良かったです~。
このメンバーだとどんな風になるなろうとワクワクしていましたが、皆いたってマイペースだった(笑)
そして兄様の破壊力はやっぱり凄まじかったです。兄様の生チュッにひぃぃぃ///となりましたvv

ニコ生終了後は、他のゲームの紹介があったりした後に再度全キャスト登壇。
興津さんが登場するたびに若干頭の上を変えてきていたのですが、ここでは自作のキツネのお面をかぶっていらっしゃいましたv髪を乾かしてもらってる間暇だったので控室で作ったと。相変わらずの器用っぷりです(*´ェ`*)
ここでは全員揃って以心伝心的なゲームが開始されました。
お題に対する答えが揃った数だけポイントがもらえるというもの。
ここでも先輩方が無理矢理回答を合わせるというムチャブリをしていました(笑)
3問くらいあったかな?最後の「“はじめて”という言葉を使って萌え台詞を考える」では、松風さんの提案により“Sな医者が言うセリフ”になったので、「はじめてメスもつんだ」とか「こんなに注射を打つ時に震えるのは初めてだ」とか、萌えるというより「こえぇぇよ!」と思うセリフばかりで爆笑でした(笑)
なんとか無理矢理?ゲームに勝ったキャストの皆さんには甘いお菓子がプレゼントされます。
会場に用意されたそれを「どれが欲しい?」と皆で見ているのですが、興津さんがソフトクリーム型のお菓子を見ながら、
興津「これ、気になるんですよ」
と言ったら松風さんが、
松風「興津くんはこれを2秒で食べられるんだよね」
と振られたから、それを一気にもぐもぐもぐ!と口に含む興津さん!!
おおお食べきった!と思ったところに間髪いれずに野島さんがどら焼き(?)を
野島「これ好きだよね」
と興津さんの口に突っ込んだ( ゚Д゚)!!野島さん、真のドS!!
半分くらい口にねじ込んで興津さんは頑張ってもぐもぐしてました(;´▽`A``
そんな下天チームの仲良さ気なやりとりも束の間、エンディングのお時間となりましたのでキャスト一人ずつからお客さんへの一言を順番で言うことに。
その時口いっぱいにお菓子が入っている興津さんが「(;゚;ж;゚;)!?」となって、無理無理無理無理!と手を激しく左右に振って一生懸命もごもごと食べきろうと頑張ってらっしゃいました。
赤羽根くん?が挨拶しているときも「伸ばして伸ばして!」と手で仕草しているのも可愛かった( ̄m ̄〃)
なんとか食べきって無事に挨拶されてましたけど、最初から最後までなんだかんだと身体を張ってる興津さんのお姿が見られましたvv


今回、武内くんを初めて拝見しましたが、いやー良い低音ボイスですね!
生で聞くと耳に響く声の心地良いこと心地良いことvv
あと、ステージに置いてあった太鼓を叩いてたんですが、ガチで上手くて超ビックリ!!凄かった。
またイベントでお会い出来る機会があるといいなと思いました(^^)

Posted on 2016/07/31 Sun. 13:42 [edit]

category: 声優の話(興津和幸関連)

tb: 0   cm: 0

『言いなり』でいこう!  

ドラマCD「言いなり」
(2016/05/28)
興津和幸×阿部敦

最近聞いていたBLCDの傾向がライトタッチだったり視聴後がスッキリしたものが多かったので、今回のこのCDを聞き終えたときには、なんか奇妙な感覚が残ったのが面白かったです。
んー、ハッピーエンドとも言い難いような。
Atisさんは小説やちょっと仄暗い原作をドラマCD化してくださるので嬉しいです(^^)

タイトルの「言いなり」はあらすじやジャケ絵を見て、剛が圭一の言いなりになるっていう意味かと思ったんですけど、聞いているうちにそれとは気づかない感じで言いなりになっているのは圭一なんじゃないか、実は剛に上手くマインドコントロールされていってるんじゃないかな…という気になってきました。
だって剛を演じる興津さんがなんか怖いんですもん(;´▽`A``
SとMと犬が一気に興津さんに襲い掛かってくる役どころだったようですが(笑)、興津さんのまた新たな演技の一面が見られた気がします。
圭一へ見せる執着心が息多めな喋り方をしているせいか気持ち悪いほどです(笑)囁くように優しくでもその態度さえ剛に裏があるように感じたのは興津さんの声の奥にそういう感情が見えた気がしたのですが
圭一「お前のこと、恋人みたいに好きってわけじゃない。でも今はお前がいなきゃだめだ」
剛「それで十分だよ」

この会話を聞いたときに、わーやばいー支配されてるわーとか思ったのですが…深く読み過ぎかな?気のせいかなヾ(´ー`;)ノ
阿部さんはちょっと可愛さ抑えめ。モノローグが多かったですね。エチの時の喘ぎも抑えめだったのが良かったです。あんあん盛大に喘ぐよりも吐息多めの方が好きです(^^)

お気に入りシーンは、状況は最低ですが公開自慰のシーンが好きです。
やー…だって、BLCDで自慰ってなかなかやらないですからね。ハァハァSEが堪能できました(*´﹃`*)
居酒屋のシーンではガヤで興津さんがご機嫌に呑んでましたね(笑)

通販特典トークCDは、巻末トークとお題トークの2トラック。
聞きどころはこれでしょう!5:32くらいの、
興津「…はっ、くしゃん!!」
リアルくしゃみ(_≧▽≦)ノ彡☆ばんばん
普通だったら絶対にカットされるであろう油断したノイズが聞けるのが、フリトの実は一番好きなところだったりします(* ̄▽ ̄*)
あとは学生時代の思い出。
興津「BLとかなかったですよ?」
えぇーーー?と私も思ったのですが、リアルBLのことだったのですね(笑)私はてっきりBL本とかが流行っていたかとかそういう話題の方を想像してました(;´▽`A``

Posted on 2016/07/18 Mon. 16:32 [edit]

category: BLCD(興津和幸関連)

tb: 0   cm: 0

ブログ内検索

カレンダー

Pick Up

カテゴリー

プロフィール

ただいま応援中!

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSリンクの表示

全記事(数)表示

メールフォーム