zeroでいこう!

遊佐浩二さん&興津和幸さん出演作品感想ブログ

『男子高校生、はじめての』参納×エイチ編あれこれ

『男子高校生、はじめての』シリーズはドラマCD以外にも“配信”で新作が色々ありますので、まとめて記載いたします。
“ミニドラマ”ですので1話あたりの時間が7分~18分のおかげで、ほぼただヤってるだけの興津さん喘ぎ祭りとなってます(笑)

『男子高校生、はじめての』~First Steady~参納×エイチ編
ポケット★ドラマCDで独占配信されているミニドラマです。
ミニドラマ2編とフリートークで約54分弱あるのでCD1枚分と変わらない量分です!

■be brute in bed
前作のアニメイト限定盤「スペシャルミニドラマFirst Anniversary」の続きで、コミコミスタジオ特典の小冊子を加筆したお話となります。
初めてベッドの上で愛し合う二人はもうペラペラとイチャイチャと激しいです(笑)
ドライが気に入っちゃったエイチ先輩ががっついてくるのが可愛らしいです。やたらと二人がいやらしい言葉を紡ぎながら実況してくれるので、めっちゃ官能的です(*´д`*)
エイチ「乳首、触れって言ってんだよ…バカッ…!」
この言い方が最高でした。あとキスされながら喘ぐ興津さんの鼻にかかった声がとってもいやらしくて好きですv

■サクラサク
参納がエイチ先輩と同じ大学に合格したお祝いに温泉旅行に出掛けたお話。
69やってます。興津さんって銜え始める時に割と「あー…ん」とか「あー…む」とか言いますよね超絶可愛いんですけど。
11:03からの
エイチ「んっ、んあーーーーーあぁっ!!くぅぅぁーーーーっ!」
ていう絶叫にも近い喘ぎが一番の聞き所でした。「深いッ…!」てちょっと泣きそうな感じで叫んでるのも◎。
もちろんお風呂でもヤってます。お風呂って言ってたけど露天風呂のことだよね。
エチが終わったあとのエイチ先輩がとてつもなく可愛いのでそこも聞き所です。

フリト。
この収録で“7回+1”ヤったとお話されているので、Soloeteの方も同時収録だったと思われます。
興津さんが今回収録で気をつけたこと。
興津「俺は前回、前々回と『しまったぁ!』と思って、今回ついに、変えたんスよ」
収録現場を見ていない我々リスナーでもピンときていた事象でしたが、竹内さんは分かっていません(笑)
ついに興津さんは収録時の立ち位置を変えて、竹内さんの激しいエロい右手を見ずに収録できたそうです!
収録中にどうしても手やら腰やら動いちゃうことにスマートに収録できないかなぁ…とぼやく竹内さん。動くのは仕方ない、僕は吐息で感じ合えるから、とフォローされている興津さんが優しいですvそしてそんな風にサラリと言える技術を確実に持ってるんだからすごい。


『男子高校生、はじめての』soloeteボイスアクリルキーホルダー
アクリルキーホルダーに記載されたパスコードを専用アプリに入力して組み合わせることで聞けるミニドラマ。
第1弾~第3弾のキャラが入り混じって全36パターンのボイスドラマがあります。各カップリングには新規エチシーンがあり、ドラマCDではなかったキャラ同士の会話も聞けて楽しくはあるのですが…いかんせん聞くのが面倒くさい!!(;´Д`)
一度聞いた音声がスマホに保存されていればまだ繰り返し聞けますが、いちいちパスコードを入れないと聞けないようなので(iOS版)、何度も聞くのも大変です。しかも2018年10月31日までの有効期限付き。
…アクキー代が掛かってもいいから“CD”で出してほしかった(>ω<)
まだ全パターンは聞けてないのですが、参納×エイチ編の絡みありのボイスの感想を以下に書きます。

■[SIDEエイチ→参納]「AΩ-終わり始まり-」
エイチ先輩が卒業する最後の日のお話。
以前は襲う形でヤった生徒会室で、今度は愛しながらヤってます。
前戯とかあまりネチネチやらずにさっさと本番にいってます。今回はエチよりもいっぱいキスしてたのが印象的でしたv
エイチ先輩はイったあとの吐息が結構耐え系なのがちょっと寂しい。や、案外ドライで感じまくってるといわれれば、そういう吐息にも思えますが、もっとハァハァ疲れてくれていいんですよ?…て喘いで疲れている興津さんのリアル吐息が聞きたいだけですが(笑)

■[SIDE 参納→エイチ]「帰りたくない」
エイチ先輩の大学受験が終わったあとのお話。
ヤったあとも足りない、ととにかくひたすら参納を求めまくってます。
エイチ先輩って意外とビッチだよなぁとか思いながら聞いてました(*´艸`*)
今回書いた記事の中では一番激しく喘いでいた気がします。またもやドライでイってるエイチ先輩。1ラウンド終わってもすぐに2ラウンド目に突入。
「やだ、やだぁっ!」と言いながらイったときのビシャアアアッ!ていう水音に思わず笑ってしまいました。えぇぇ~最早その音はおし○こレベル…(;^ω^)

■[エイチソロ]「ひとりでも大丈夫」
大学入試2週間前に風邪をひいて寝込んでるエイチ先輩のお話。
エイチ先輩目線でのモノローグなので、エイチ先輩がいっぱい喋ってます。でも想像で参納が出てくるので一応竹内さんも喋ってます。
参納のあたたかさを思い出して一人エチしているエイチ先輩。
家庭の事情がちょっと複雑なエイチ先輩が、体調も崩してちょっと弱気になってます><
エイチ「大丈夫。俺は、大丈夫…」
言い聞かせるように呟くエイチ先輩の言葉が切ない。しかも囁き声になってるのもグッときます。
参納、早く彼を抱きしめてあげて!て思わずにいられませんでした。

■[参納ソロ]「es」
時間軸的には本編のことが起きる前の参納の悶々としたお話。
参納目線でのモノローグなので、参納がいっぱい喋ってます。でも想像でエイチ先輩が出てくるので興津さんも喋ってます。
参納の夢の中で拘束され嫌がって泣いてるエイチ先輩がちょっと聞けます。
本編以来ですかねー、抵抗しているエイチ先輩が聞けるのは~♪とテンション上がってたら
エイチ「欲しい…参納…」
…まぁ参納の夢だから都合良い展開になりますよね( ・∀・)


今回のようにCD以外での媒体で公開されることも今後増えてくるのかもしれませんが、手元に形として残らないというのはどうも不安になってしまうアナログ人間な私です(^_^;)
10年後にもこの作品が聞きたくなることってあると思うのですが、そのときにも果たしてまだ聞くことができるのかなあ。
(Soloeteは完全にダメですが)

「木嶋くんのドキドキお泊まり♡」アニメイト限定版CDでいこう!

「木嶋くんのドキドキお泊まり♡」アニメイト限定版CD
(2016/11/29)
興津和幸×河西健吾

アニメイト限定版はドラマCD第二弾。
興津「おかしいですよ。最初にスピンオフやって、(中略)やっと本編に戻ってきてね…(笑)」
うん、私もまったく同じ意見でございます(笑)
前回の「木嶋くんのキケンな学園祭」アニメイト限定版CDの感想のときにも書きましたけど、こっちを先に聞きたかった!!
興津さんもパラレルワールドの妖狐としての立花くんでキャラ作りしていたのを、高校生の超王子様声に軌道修正する必要があったようですヽ(´ー`)ノ
でもまぁ逆説的に考えて楽しむのもまた一興かと思いますので、超王子様ボイスのキラッキラした立花くんを続編で聞けてとっても嬉しかったですvv

ストーリーは可愛らしい二人のイチャっぷりにモダモダしちゃいました(*≧▽≦*)ノ彡☆ばんばん!!
もしこの二人を見かけたら「ああもうごちそうさま!」と言いたくなるくらい、可愛らしかった。
健全な交際を…とがんばってますが、昴の可愛さになんとか欲望を抑えようと孤軍奮闘している立花くんが面白いやら可愛いやら。
立花「(M)昴の可愛さにニヤニヤが止まらない…!こんな顔、見せられるわけがない!」
そういう興津さんの演技の可愛さに私もニヤニヤが止まりません!!!
健全デートで終わりかな~と思ったら、最後に映画館のトイレでおしゃぶりがありました(*´∀`)b
適度に可愛く適度に面白く、適度にエロい。
気軽に聞くにはちょうど良い長さとお話でしたvv

キャストフリートークは興津さんと河西さんで約9分。
本編中に途中で立花くんがマスクをするシーンがあるのですが、どうやら興津さんは実際にマスクをして演じられてたみたいですね。
トーク中に台本(?)を探す興津さん。マイクから離れて紙をガサゴソ探しているノイズが入ってて、またマイク前に戻ってきます。
フリトの時によくある、こういうスタジオの空間が感じられるやりとりがなんか好きで何度も聞き直しちゃいますv

お互いの特技についてもお話されていますが、時々色んな場面で語られる興津さんの舌技。
河西さんが興津さんの舌に感動してます。
河西「だからこんなにキスするのが上手いんだな!」
それに対しての興津さんのリアクション、
興津「今日キスしてないよ」
この返しが妙にツボでした(笑)
間接キスはあったとお話されていますが、いやそれよりもっと壮絶な舌技…というか口技があったと思うのですがそっちには触れないのですか(・∀・)とか思っていたらお話は締めに入っちゃいました。もっと聞きたかったぞー。
興津さんのキスSEが妙にリアルだったり水音がエロかったりするのは巧みな舌技ゆえなのでしょうかねvv
もうなんかおかげで興津さんの演じられる攻めキャラは総じて【舌が器用】という特技のオプションをつけて聞いちゃいそうです(*´艸`*)

『キャンディミルク』でいこう!

「キャンディミルク」
(2016/12/28)
佐藤拓也×野島裕史、興津和幸×村瀬歩

BLCD感想強化月間にするぞ!(๑•̀ㅂ•́)و✧ということで、溜まりに溜まっている感想をガンガン書いていきたいと思います!!

原作未読ですがキャストインタビューやレポートを読んでいたので、SMか!とwktkしていましたが思ったよりはソフトな感じでした。
性癖が特殊でちょっと過激なプレイがあるだけで、描かれている物語やキャラクターの心情はBLでよく描かれているシンプルな純愛系であったのが余計にソフト感が出ていたのかもしれません(^^)
2組のカップリングが描かれて2枚組だったので、てっきりCPごとに分かれているのかと思いきや、興津さん&村瀬くんカプの方はお話がちょっと短いのが残念でした。お話的にもこっちのが萌えたのでもっと聞きたかった~。

キャスティングは超安定ですね!
佐藤さんの低音での攻めボイスはゾクゾクきますね!特に喫茶店でウェイターさんが来るかもしれないという状況での晒しプレイは楽しかったです!こういう時の状況説明の言葉責めはニヤニヤします!
そして野島兄さんの震える声は最高です(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!! BLCDへのご出演が多いお二人ですが、絡んだことがあるのはこれが初めてだそうで。いやー今回聞けて良かった!声の相性もとても良かったと思いますv
興津さんはやや高めの優しいトーンできました。
なんで攻めの時にはいつもこういうドストライクのトーンでくるんですかー。この声でもっと受けて欲しいです><
上杉先生のこの言葉、
上杉「SMプレイはね、互いの信頼がなければ成り立たないんですよ」
ほほぅ…と妙に感心しながら聞いてしまいました(笑)
シュークリームを使ったプレイ(?)は、そのやりとりを想像するよりもとにかく興津さんの声がいやらしすぎて、一層のことシュークリームの制作過程をその声のトーンで延々いやらしく説明しててほしい!!とナレーションプレイを所望してしまいそうになりました(笑)

でも一番興奮したのは、Disc2のトラック6でした。
上杉兄弟サイコー!!!(*´д`*)/
ほんの少しだけ会話してましたがもっと二人の会話が聞きたかった!
てゆかもう貴方達お互いでS対決をしてくれませんかね。


特典のキャストトークCDは、佐藤さん&野島さん、興津さん&村瀬くんとそれぞれでトークでした。
作品に関する感想をいっぱい語ってくれていたのでとっても楽しかったです!
結局エロいことが印象に残っているのでエロい話ばかりになっていましたが、それをオブラートに包むことなく楽しげに語ってくれるのがありがたかったです。
いやらしく聞こえるワードの例題で“マチュピチュ”と書いてあったことに大爆笑している佐藤さんがとっても面白かったのと、
佐藤「兄貴っ、兄貴ーー!」
興津「おう、兄貴だぞ」

佐藤さん達が先に収録してくれてありがとうございますm(_ _)m
ドスケベな香りの漂う興津&村瀬コンビのトークも、キャラクターを深く掘り下げながら演じられていたんだなというのが言葉の端々から伝わってきてとても嬉しかったです。
興津さんがエロく聞こえるという「5階でございます(誤解でございます)」。
そんな言葉を丁寧に言うシチュエーションってどういう時やねん、と思わないでもないですが(笑)、その女性の声よりも例えで言った興津さんの声の方が絶対にエロいと思うので、どこかのエレベーターのメーカーさんは是非興津さんボイスのエレベーターを実装して「5階でございます」を収録してください。ちょっと震えた声だと尚良し!!←

それにしてもこのキャストCDで一生分の「ニップルクリップ」と「愛奴」を聞いた気がしますヽ(´ー`)ノ

WCS2017・興津さん観察レポ


8/6に愛知文化センターで開催されたコスプレサミット2017の会場に行ってきました!
この時の模様はニコ生で配信されたのでほぼそのままなのですけど、現地ならではの視点でのレポを書きたいと思います(※ただの興津さん観察レポです)

ケッケさんのTwitterでなにやら工作している興津さんの写真が上がってましたが、やはりコスプレイベントだから“イドのマフラー”を作っているんだろうなとはすぐに思いましたが、人間がたなびかせた赤いマフラーをしたらイドというよりは水木一郎アニキのコスプレになっちゃいますよ!?と危惧してましたが、案の定、アニキみたいでしたね(*´艸`*)

コスサミの観覧チケットを直前に取ったのと、“審査員”ということなので上から見下ろす方が案外手元が見えて楽しいかもなーという期待もこめて、私は4階席から見ておりました。
おかげでパフォーマンスを見つつも興津さんもひたすら見続けられて楽しかったですvv

ステージでの挨拶が終わって審査員席に着いた興津さん。
赤いマフラーが後ろの人の視界を遮るのを気にしてか(?)、後ろの席のお客さんにペコリペコリとお辞儀されてます。
津田さんと何やら話しながら、マフラーを邪魔にならない位置を探して何度か動かしてましたが結局取っちゃいました。
そしておもむろに汗拭きタイム。
パッと見、興津さん公式タオルで拭いてるように見えたのですが(白と黒の柄だった)ちょっと小さい気もするので自信はありません(^_^;)。でもそうだったらいいなの希望で書いておく。

コスプレパフォーマンスが始まると、興津さんは両側に肘掛けがあってそこに肘をついて碇ゲンドウのようなポーズ(と言っても両手は口元ではなく胸元の辺りで組んでましたが)でずーーーーーーーーーーーっと見てました。
あまりにもずーーーーっとそのポーズなので、そんなにそのポーズって楽なのかな!?とちょっと真似してみましたが、小柄な私にはそうでもなかったです(笑)

審査の採点は手元にあるタブレットで行っていました。
さすがに入力している内容までは分かりませんが、小慣れた感じでタッチパネルを操作している興津さんを見てるだけでなんか楽しかったです(どうも未だにガラケーなイメージです^^;)
あと、出場者の資料が用意されていてそれをパラパラと見られていたのですが、写真が割と大きく載っていたので(あ、ハガレンがある)とか、興津さんの見ている資料をちょっと覗かせてもらってました(´ε` )
審査員がコメントを求められているときは、事前にコメントをもらう方のところにマイクが置かれていたので、それが自分のところには無い時は興津さんは資料を見てはポチポチとタブレットを操作してせわしなく採点をされていました。
MC「興津和幸さん、いかがでしたかー?」
そうMCさんに声をかけられた時は、資料とタブレットを慌てて置いてマイクを取っていたのが可笑しかったのですが、ニコ生では何事もなくコメントされてる感じでしたね(笑) でも津田さんのコメントの時は思いっきり隣で採点中な姿が見切れてましたね(*´∀`*)

「ID-0」ステージはニコ生のとおり。
もう少しお話が聞きたかったなーというのと、マイクが皆さん分あれば良かったのになーと思いました。
MCさんがBOX特典のオーコメの収録について出演者に尋ねたとき、マイクを持っていない興津さんが生声で「楽しかったです!」と叫ばれていましたが、4階にいた私にもはっきり聞こえるくらいのさすがの声量でしたv

ニコ生で「ID-0」のPVが流れ終わった直後の裏話。
会場では世界の歴代コスプレイヤーさんがステージに勢揃いしていました。(何が行われていたかは秘密なのかもしれないので書きません^^;)
しかしなかなかMCさんが登場しません。
そんな中、ステージが終わった興津さん達が審査員席に戻ってくるのですが、それでもまだMCさんが登場しないのでステージ上のレイヤーさん達も手持ち無沙汰で妙な無言の間が空いて会場中がちょっとザワッとなりかけました。
その間をなんとかしようと、興津さんが自分の前にあったマイクを手に取って喋ろうとしますがマイクはOFF。諦めてマイクを置くのですが、尚も続く微妙な間にもう一度興津さんがマイクを取ってスイッチを入れようとしますがやっぱりONにならないみたいで、隣の津田さんに「マイク入らないのかな?」みたいに話しかけて、津田さんも「うーん…」みたいな反応をしているところに、ようやくMCさん達が登場して。
ニコ生で見返すとなんの違和感もない感じで映像が切り替わっていましたが、会場の空気をなんとかフォローしようとする興津さんの咄嗟の気遣いにちょっと感動しました。マイクがONだったらどんなお話が聞けたんだろうー。

そして後半のパフォーマンスが始まると、再び碇ゲンドウもどきのポーズでずーーーーーーーーーーっと見てました。
約3時間ほど(JAMプロのLIVE時間除く)興津さんの後ろ姿を見まくったのも珍しかったので良い時間が過ごせました。
もちろん世界のコスプレイヤーさんのパフォーマンスも堪能しましたよ!
すっごいですね!!あれが手作りっていうんだからもう本当にびっくりです!
さすがにここは4階から見る弊害は多少ありましたので(特に背景映像とのシンクロ具合とか)、ニコ生でもう一度楽しみたいと思います♪

賢雄さんの還暦お祝いイベント。おめでとうございます!


7/31に豊洲PITで開催された「堀内賢雄 60th Anniversary ~生まれ直しやりなおし~」に参加しました。
公式チケットは賢雄さんの写真をあしらった一万円札モデルのチケットだったり、座席列名が【堀内賢雄殿生まれ直しやりなおシカンレキオメデトウゴザイマス】とメッセージが込められていたりと、賢雄さんのお茶目さとスタッフさんの愛が感じられました。
イベント自体もとっっても面白くて皆さんのやさしさに包まれたイベントでした!
笑いすぎたようで、翌朝腹筋が筋肉痛になっていました(笑)

真っ赤な衣装を身にまとった賢雄さんが登場して、生演奏をバックに一曲披露。
しっとりと甘い声で聴かせてくれます(*´ω`*)
その後は賢雄さんの人生を本日のゲストの朗読劇によって振り返ります。
このときのBGMももちろん生演奏。贅沢な時間でした(^^)若干演奏の方が大きくて朗読が聞き取りづらい時もありましたが、それは私の座ってた席の関係かもしれないのでDVDになったときには音量調整されたのをじっくり聞きたいと思います。
最初こそ真剣な空気で聞いていた朗読劇でしたが、少年の頃の賢雄さんが灯りの代わりにホタルをおでこにセロテープで貼り付けたというエピソードが語られたあたりから、
(ええええっ、セロテープで!?)
という笑いがどっと会場に起こり、ああさすが、賢雄さんのお話はやっぱり面白いなとその後はちょっとリラックスしながら聞いていました。
遊佐さんは台本からチラチラと顔を上げて視線を客席に向けながら朗読されていましたよ。この視線がたまらなく好きですv

朗読劇が終わったあと賢雄さんの挨拶があり、改めて本日のゲストが登場です。
木村良平さん、鈴村健一さん、東地宏樹さん、浪川大輔さん、森川智之さん、遊佐浩二さん。
半数が社長というとんでもないメンバーです(笑)
そんな皆さんがいちご柄の可愛いエプロン花かんむりをして登場してきたから超びっくり!!!!!!
朗読劇のときは皆さんふつうのジャケットとか各々の衣装だったので予想外でした。
(え、これ本当にDVDになるよね!?いいの!?)と何故か焦る私(笑)
しかも薄めのイベントTシャツ(上記Twitter写真参照)の下にインナーを着ていらっしゃらないので、舞台に出てきたときに遊佐さんの胸元のたわわな膨らみの頂にある突起が歩くたびに非常に主張をしておりまして!うおおおおおおおぅ////っと思わずガン見してしまいました。
今年は半袖姿も多くて生腕を見る機会も多くていいですね。夏ありがとう。生肌ありがたし。
…や、あの、もちろんいつもそんなところばかり見ているわけれはないのれすよッ!?

そんな油断した遊佐さんのボディを見つつ、可愛い姿で登場した彼らはどうやら賢雄さんに送るケーキという体のようです。そしてろうそくを模した手袋をしています。
ついている火(指)をカウントしながら消していくことに。お客さんの方に手の甲を向けて両手を広げて左手親指から一本ずつ指折っていくのですが、中指を折ったところで薬指を立てておくことができず、もう片方の手でなんとか支えて立たせようとピクピクしている遊佐さんが可愛かったです(笑)ちなみに鈴さんと良平くんも苦戦していました。
皆でバースデーソングも歌いましたが、この日は良平くんもお誕生日だったので一緒にお祝いしましたよ~(*´ェ`*)

20分の休憩のあとはトークメイン。
ゲストさんに事前にアンケートのあった【賢雄さんと同居するならどんな関係?】というのを元にコントが作られてて、それを皆さんが即興で演じることになるのですが、これが本当にもう自由で暴走してて大爆笑の連続でした!(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!!
一応コントの台本はあったのですが、設定だけでほとんどアドリブだった気がします(笑)
色んな事が起こっていたので印象深かったことを箇条書きします。ここは特に必見ですv
・配役で何故か二役することになり、ぼやく遊佐さん
・口に指をツッコんで“ぽんっ”と小気味良い音を鳴らすはずが失敗する遊佐さん、からの照れ笑い!!
・鈴村ばあちゃんと遊佐おじいちゃんはゲートボール仲間で恋人、遊佐「僕のスティックを握るかい?」シモネタ!!!
・遊佐さんが東地さんと恋人役(だったかな?)のときに、東地さんと肩を組んで身体をさわさわ(と触ってるように見えた)
・森川さん「賢雄さん、とりあえず僕が攻めでいいっスか?」
・森川さん「どうも、帝王です!」帝王の黄金時代には賢雄さんの存在も欠かせませんから、なんかちょっと嬉しかったですv
・良平くんと浪川さんも同性カップル。「どっちが受けと攻めなの?」という質問にお互い見つめ合って、「…両方攻め」という結論に(笑)で、帝王と合わせて3人で賢雄さんを攻める
・浪川さん、賢雄さんの耳元で「…うんこ」

すべてのコントに賢雄さんが出演しているので賢雄さんが超大変そうで最後の方は台本もボロボロになっていましたが、いっぱいいっぱい笑顔をくれました!本当にすごい方だなと思いました(*^^*)
コントのあとだったか前だったかド忘れしましたが、ふつうの椅子に座っての座談会もありましたよ。
主に朗読劇のことを振り返っていたような気がします。MCは鈴村さん。ここはもうさすがの進行っぷりでした!

最後には賢雄さんの息子さん(上記Twitter写真の賢雄さんの左隣の方)も登壇してデュエットを歌うことに。
このステージでの息子さんの言葉がね…、親の誕生日は子供には感謝の日でもあるって、いつもはテレて言えないけど「お父さん、ありがとう」って言われてて…思わずグッときました。
賢雄さん、テレ笑いしながら「歌う前に言うのはずるい」とか茶化されてましたが泣くの我慢されてたかも(*´ω`*)
あと、息子さんと会話しているときにごくごく自然に「パパはね…」って話しかけてて、ふぉぉぉ素の会話だぁぁぁ!と妙にテンションあがりました。
…こういう父と息子の共演が見られるのも感動ですね。
しかもデュエットというのもあるかもだけど、賢雄さんの柔らかい声質と似てる気がしました。


最後はもう一度ゲストさんが登場して一人ずつご挨拶。
賢雄さんとの思い出、賢雄さんへのお祝いの言葉を述べられてて本当に良いイベントだったなとじんわりきました。
そうして賢雄さんの60歳をお祝いしながら、遊佐さんの還暦もこうしてお祝い出来たらいいなと思いました(*´ェ`*)
12年先も遊佐さんの演技がいっぱいいっぱい聞けますように!

あ、終演後の影ナレで賢雄さんが「愛してるよ」と仰っててきゃあああああ!!となりました。
賢雄さんの「お嬢ちゃん」も聞きたかったなvコント中に「お嬢さん」は言われてたけどvv
About this site
遊佐浩二さん、興津和幸さんなど出演作品のレビューブログ。S思考な方向け。
About me
萌え属性:スーツ/眼鏡/クールビューティー/ツンデレ/銀髪/執事
好物:下剋上/スーツ&眼鏡受/ツンデレ受/鏡プレイ
ツボキャラ:御堂孝典/千家伊織/宮ノ杜正/へし切長谷部



↓密かにランキング参加中v↓
にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村 アニメブログ 男性声優へ