zeroでいこう!

遊佐浩二さん、興津和幸さんなど出演作品のレビューブログ。S思考な方向け。

はたらく祭典のLVに行ってきました!

0 Comments
零都(れーと)

11/18に「はたらく祭典」ライブビューイングに行ってきました!
アニメがすごく面白くてこのイベントもすごく見たかったのでライビュしてくれて嬉しかったです(^^)
イベントもめっちゃくちゃ楽しかったのですがDVD化しないとのことなので、自分の記憶に残すためにも書いておきますv
(…単独DVD化はしなくても、特典映像として収録してくれないかなぁ。お金がかかってそうなセットも衣装も2時間のためだけって…んーもったいない!)

≫ Read More

声優朗読劇で岸和田まで行ってきました。

0 Comments
零都(れーと)
11/11に岸和田市立浪切ホールで開催された「声優朗読劇フォアレーゼン」に行ってきました。
高級感あふれる立派なホールに驚きました!
クラシックコンサートとか聞いたら音響良さそうな雰囲気でした。

フォアレーゼンは熊野以来の参加です。
その後も色んな地方で公演されているようなので、色々改善されているのかなー?とちょっと期待していましたが特に変わらなかったです(;´∀`)
だから突然のラジオ風影ナレ前説はビックリしますってば!Σ⊂(゚∀゚ )
前説はキャストの皆さんが舞台に出てきてお話してほしいです。
で、その後にキャストさんが袖に捌けて、スポッと被ったら着られそうな衣装を準備している間は中野さんのチェンバロ演奏で繋いでもらって。
会場の空気も音楽の世界に浸ったところで朗読劇開始…という流れが良いと思うのですがッ!
あとやっぱり朗読劇が短い!!
もったいない…もったいないです…!٩(′д‵)۶

今回の配役と出演者は、チェンバロ:⽥丸篤志さん、先輩ネコ:興津和幸さん、後輩ネコ:廣瀬⼤介さん、モーツァルト&ナレーション:千葉翔也さん。
熊野で公演したモーツァルトの朗読と大筋は同じでした。
ネコが増えている分、ネコ達の会話は増えていましたが特に内容に変動はありませんでした。
興津さんは今回はネコを演じられていました(^^)
とってもテンションの高いネコです。割と自由に演じられる役どころだったので興津さんの芸達者ぶりは存分に楽しめました。
時におばあちゃんの声をやったり、笑ってるふうに見せかけて「夜の女王のアリア」を歌ったり、ちょっとイケボで囁いたり…と色んなタイプの声を出されていました。
長いセリフをたくさん喋っていましたが、全く言いよどむことなくスラスラとオラオラ言ってるのは凄いなぁと感動しながら聞いていました。
ちなみに、トークパートで興津さんが「前回は梶さんがネコを可愛く演じていたので負けないように…」みたいなことを仰っていましたが、熊野でネコを演じられたのは小林裕介さんです。さらっと聞き流しましたが一応訂正しておきます(^^;)


休憩のあとのトークパート。
興津さんと同じ事務所の後輩の廣瀬さんはイベントで興津さんと一緒になるのは初めてなのだそうですが…。
舞台を自由に歩き回り、
MCさんの質問に「にゃあ」と鳴き声で返答したり、「にゃあにゃ?にゃあ」とネコ語で会話したり、
気づけば何故か椅子に座らず椅子の後ろに立っていたり…と謎の行動ばかりする先輩に、
廣瀬「興津さんっていつもこんな感じなんですか?((((;・∀・)」
引いてます(笑)
田丸さんもこんな興津さんは初めて…と仰ってましたが、イベントではこんな感じが多いですよと心の中でお返事しておきました(笑)

面白かったのは、興津さんが演じられた役の感想で「夜の女王が歌えたのが嬉しかった」と言いつつ、もう一度オペラ口調で今度はしっかりと「夜の女王のアリア」を披露してくれました!
しかも他のキャストさんも合わせて歌うもんだから、圧巻の男性声優の裏声(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!!
今まで興津さんの色んな声を聞いてきましたが、この見事なオペラ風は初めて聞いたかもです。発声練習の一貫にも感じましたが本当に音域広いなぁ…。

チェンバロ役の田丸さんは、チェンバロを弾いてみたい!ということで特別にチェンバロを弾いてみることに!
おお…田丸さんって弾ける方なんだ…とどんな曲が聞けるのかなとwkwkしてたら、
ドレミ~レド ドレミレドレ~♪
チ ャ ル メ ラ !! ( ゚д゚ )
いや確かにチェンバロの音色とチャルメラの音色がめっちゃ合っていて不思議と感動しましたが、この大舞台でチャルメラの音っていうギャップがたまらなく面白かったです(笑)


今後もフォアレーゼンは地方公演をしてくれるようなので、いつか岡山公演で興津さんが来てくれる機会があるといいな♪と願っています。そしてもし同じモーツァルトの題材で演じられる機会があれば、今度は興津さんのチェンバロ役を聞いてみたいです。
この演目で一番グッとくるお芝居が見られるのはチェンバロだと思います。

「io」のお渡し会に行ってきました!

4 Comments
零都(れーと)


11/10にサイエンスホールで開催された『50th Anniversary CD 「io」発売記念イベント(お渡し会)』の1回目に参加してきました!
キャパいっぱいにお客さんが入ってる感じでしたので、410人×2回分のお渡し会だったみたいです。
遊佐さん、お疲れ様でした!

やたら滑舌の良い男性の影ナレ諸注意のあと進行役の男性が登場し、早速遊佐さんがご登場!!
これからあの方のゼロ距離に行くのか…!と思うといつも以上に神々しく見えます(*´д`*)

まずは軽くトーク。
遊佐「作品絡みではない自分単独でのお渡し会は初めてだから、どういう感じなのか分からないんですが、週報にいただくメールでも同じようにどういう感じなのか分からないって書かれているのが多かったので、ここにいるみんなどういうものか分からなくています(笑)」
みたいなニュアンスのことをお話されてひと笑いv

今回のCDのことも話題に出ました。
CDを聞いてもらった通り大した人生は送ってないんですよ~と仰ってました。番組に「自分は大した人生は送っていないので」ってメールをいただくこともあるけど、色んなことに興味を持ってそれを送ってくれたらいいです、みたいなことも仰ってような気がします。
あと、
遊佐「ここに来られている方は当然CDは聞いていますよねぇ?まさか聞いていない人はいないですよねぇ?もし聞いていない方がいましたら、会場外でCDを売ってますのでご購入いただいて…」
そう言って出口を促すように手を差し出す遊佐さん!
あはははははは!!それってつまり、京都のぶぶ漬けと同じ感じで聞いてない奴はさっさと帰れってやつですね!?(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!!
もうこういうところ大好きです!!(≧∇≦)

そうこうしているうちにお渡し会開始。
舞台上で渡されるのですがパーテーションが組まれてお渡しの様子は待機中のお客さんには見えない仕様になっていました。
会場内に軽快な音楽が流れていましたが、時々遊佐さんの笑い声や言葉が聞こえてきたので、やはり声優さんだからお声が通るんだなぁと漏れ聞こえる声を耳をそばだてて聞いてました。
お客さんは舞台に上る前にスタッフに荷物を預け、身一つで壇上に上がり遊佐さんから記念のポストカードを受け取ります。
終わったら舞台下でスタッフから荷物を受け取りそのまま退場…という流れ。
お客さんがパーテーションの中に消えて再び出てくるまでの時間が平均5~7秒くらいだった気がします。
舞台から降りてくるお客さんが皆にこやかで幸せそうな表情をしているので、見ているこちらもほっこりしていました(^^)

お渡し中の雰囲気について。
前の方が完全にいなくなってからスタッフの方に促されて遊佐さんの前までトコトコと移動。
王室ご用達のような柔らかな微笑みを浮かべた遊佐さんがそこに立ってます。
もうこの時点で「これは夢かな?👼」とクラッときます(笑)
で、「ありがとうございます」だったかなんだったか忘れましたが、遊佐さんから一言いただきつつ、ポストカードを両手でお渡しされます。
その際、前かがみになってくださるのですが、渡し終えた後も前かがみのまま目線を合わせるようにこちらからの言葉を待ってくださっていました。
で、前かがみになっているおかげで思ったより顔が近い(*´д`*)ヒャー!!
私は身長が低いので前かがみになってる遊佐さんをちょっと見上げる感じになったので、そのシチュに心の中で悶えていました(笑)
CDの感想をお伝えすると遊佐さんがクシャッと笑顔になって、ツッコミの言葉をいただきました。
※何を伝えたかは恥ずかしいので割愛させてください(;´∀`)
で、去りながら「ずっと応援しています!」と声を掛けると、王室ご用達笑顔のまま見送ってくださっていました。

遊佐さんは存在しました。

7年前のサイン色紙お渡し会にも参加した私ですが、あのときは色紙に名前を書いてくださっていたので目線をしっかり合わせたかどうかと言われるとあまり記憶になかったので(私が合わせられなかっただけの可能性もあるけど^^;)、今回の方がしっかり目を見て話すことが出来ました。
刹那の時間でしたけど、それが逆に印象に残る感じになったのかなと思います。

お渡しされたポストカード、遊佐さんの指紋がついているのかと思うとめちゃくちゃ慎重に扱ってしまいます(笑)
公式さんが「オリジナルポストカード、ぜひ大切に使ってください。」って呟いていますけど、
使う?使うってナニに??
とよからぬこと(←)を考えましたが、ポストカードだから切手を貼れば送れますもんね!
そういう“使う”ってことですね。
…って、もったいなくて使えんわーーーーーーい!!Σ⊂(゚∀゚ )

「破天謳歌 -Crazy identify- 」でいこう!

0 Comments
零都(れーと)
ドラマCD「破天謳歌 -Crazy identify- 」
(2018/10/24)
佐藤拓也、森川智之、緑川光、興津和幸

先にアニメイト特典CDのキャストトークでの話題に触れますが、
佐藤「昔は物語を聞かせるドラマCDがたくさんあったけど、最近はあんまりないのかもしれないって」
ちょっと要約していますが、このドラマCDを作った理由をそのように佐藤さんが仰ってて、遊佐さんも50周年記念CDを出されるにあたって同じような内容を雑誌インタビューでも仰っていたので、業界でも感じてらっしゃる方が多いのかなと思いました。
BLCDを除いて、オリジナルドラマCD的なものの感想をこのブログに書いたのはいつ頃だろう…と遡ってみたら、一番新しい記事で4年前でした(゚∀゚)
おぉぅ…そうだったのか。出演声優さんが偏ってる自覚はあるけど、最近買うCDといったら確かにシチュCDかBLCDしかないもんなぁ。
そんな中、“物語を聞かせる”ドラマCDを出してくださった佐藤さんに感謝です♪

≫ Read More

『鬼と花妻』フルコンプ!

0 Comments
零都(れーと)
鬼と花妻 ~花盗人は、躑躅か椿か~ / Eins アインツ



先週の日曜日にとても天気が良かったので一気にプレイしました!←どゆこと
ミドルプライス作品は時間のない社会人にはありがたいスタイルです。
CDアルバム2枚組くらいのお値段で複数エンディングのあるシナリオが楽しめるんですもん。しかもフルボイスで音楽と絵付きですしね!
1人の攻略も2~3時間くらいで終わるのでパパッと遊びたいときに助かります。

主人公の女性もボイス付きです。
キャピキャピすぎずの可愛らしい感じのお声で、時に凛とした印象も持たせるボイスで好感が持てました。
世間知らずなお姫様ではありますが、それは文字通り箱入り娘と育てられてたせいだし貴族の風習でもあったので、ドジっ子なところもありましたがそこまで酷くなく可愛かったです。

システム的にも特に不都合なく遊べました。
昨今では搭載されていることが多いボイスセーブがなかったのはちょっと残念。細かなシナリオ回想が収録されているから別にいいんですけど、お気に入りボイスがあるたびにちまちまとセーブしていました。

スチルは好みの問題だと思いますが、キャラ達がとっても細身なので裸になったときの肋骨の浮き出てる感じが萌えるというよりも心配になってきました(;´∀`)
乳首も真っ赤なのが目を引いて萌えるというよりもただ気になるとゆー…。
耽美といえば耽美なのかも。

≫ Read More