zeroでいこう!

遊佐浩二さん、興津和幸さんなど出演作品のレビューブログ。S思考な方向け。

最近のこと。

2 Comments
零都(れーと)
CDの感想やゲームの感想など色々ブログに書きたいなと思いつつ、アニメやゲーム消化に追われて、なかなかブログを書く時間が取れていない私です。(そもそも1つの記事に3時間位かけて書いてる私がだめなんですが^^;)
でも色々語りたいことはあるので、最近楽しかったことなどまとめて書いちゃいますv


■映画刀剣乱舞を見てきましたよ!(※ネタバレ注意)
靖子にゃんが脚本と刀ステのメンバーが出演ということで、何ら不安を持っていなかったのですがめっちゃくちゃ面白かったです!
「物が語る故、物語」のとおり、まさに「物だからこそ語れる物語」だったなぁと。
信長公が自害したのは本能寺ではなかった!という解釈はとても面白くて好きです(^^)
あと、三日月さんの立ち位置とか存在感が前からツボだったのですが、今回の鈴木さんの美しさも相まって更に好きになりました!
全体的にすごく良かったのですが、最後に何故か洗脳されて敵側についていた新刀剣男士の登場とか、審神者の代替えはちょっとモヤとしたものが残りました(^^;)代替えかぁ。自分が顕現させた刀の主は唯一無二でいてほしかったなぁ。
でも雑誌のインタビューで靖子にゃんが、ゲームを遊ばなくなったユーザーの本丸に残された刀剣男士達を考えると可哀相だなって思った…というのを読んで、そうなると残された本丸に次の主が来てくれるのもいいのかなぁと漠然と納得できました(笑)でも幼女…。や、きっと彼女は1年もしないうちに大人に成長していく特殊な審神者に違いない(笑)


■アニメ色々。
「風が強く吹いている」が今一番毎週楽しみにしているアニメです♪彼らがどんな風に箱根駅伝を走るのか、襷をつなぐドラマを想像するだけで今からもう泣きそうです(笑)原作も買ってはいるのですが、アニメで完結してから読もうと保管中。
ニコチャン先輩とユキとの関係もいいですねーー。主に妄想ですが(笑)円盤のvol.3のジャケットイラストを見て萌えあがりました(笑)

あと「ラディアン」もドラグノフ隊長の格好良さに日々悶えております(*´д`*)
飄々として掴みどころのない性格な上にCV:遊佐浩二ってもう最強でしかない!!!
内に秘めた正義感とか部下に慕われているところとか料理が出来るところとかエプロン可愛いとか、ここ最近の遊佐さんキャラの中では一番のお気に入りキャラになっています(^^)

4月から始まる「フルーツバスケット」のはとり役に興津さんが決まりましたねー!
フルバは最初のアニメ化の際にガッツリ見ておりまして和彦さん演じるはーさんが大好きでした。そのアニメも好きだったのですが、原作がすごく好きで、機会があれば原作準拠で再アニメ化してほしいな、ハガレンも作られたことあるしあり得るかな…と期待していたので再アニメ化は素直に嬉しかったです!しかもはーさんに興津さん!(∩´∀`)∩これはもうきっと素敵に演じてくださることでしょう!自分の予想でははとりに前野さん、綾女に興津さんって思ってたんですけどね。
…しかし、こうなると好きな声優さん共演を期待してしまいます。草摩家で遊佐さんが演じられそうなのはししょーさんかなぁと思ってるのですが…ドキドキ。予想当たるといいなぁ。


とりあえず今日はここまで。
1つの記事にするほどでもないけど語りたい!て思ったときには、こんな形式でよもやま話を書くかもです(^^)

音楽朗読劇『Chèvre Note~シェーヴルノート~』をLVで観劇しました!

0 Comments
零都(れーと)

1/13に舞浜アンフィシアターで公演された音楽朗読劇『Chèvre Note~シェーヴルノート~』をライブビューイングで拝見してきました!
「READING HIGH」の第二回『ホムンクルス』は特別上映会で拝見したのですがとても素晴らしくて、また藤沢文翁さんの音楽朗読劇は時々観劇しては感動していたので、今回の公演をライブビューイングで拝見することができてとっても嬉しかったです!

※以下、ストーリーのネタバレ含みます。

≫ Read More

ゴクドルズのイベントに行ってきました!

0 Comments
零都(れーと)
1/13に星陵会館で開催された「ゴクドルミュージック」発売記念イベントに行ってきました!
ゴクドルズ虹組とゴクドルズ漢組が揃うイベントでしたが、残念ながら興津さんがインフルエンザに罹患されたため欠席。
こればっかりは仕方ないですが、チカちゃんこと赤尾さんが「魂は一緒にいます!」と手のひらに魂?を乗せてくださっていましたし、小野さんも何かとイジってくれて、
小野「インフル組にカズがやられちまった!インフル組のヤロー、ぜってぇ許さねぇ!」
インフル組って(笑)
なんか小野さんが言ってくれたら免疫細胞的なアレで倒してくれそうな気がします(笑)
あとMCとして、劇中歌を幾つか作曲されていたエンドウ.さんが登場されました。
突然、チャラそうなヤクザが出てきたので(笑)、皆「誰???」となっていましたが、劇中歌を…と紹介してくださったら「おお、そうでしたか!」と拍手が起こっていたのが印象深かったです。
日野さんがリーゼントしてチョビ髭を書いてて、完全に本物になっていたのが爆笑しました(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!!
小野さんはインテリヤクザっぽくて、このメンバーのノリの中に興津さんだったらどんな感じで出られたのか超見たかったです。
興津さんの代打として今千秋監督が急遽参戦されました。
オープニングのダンスしてた格好で登壇されていました。なかなか濃いキャラの方なのですね(;´∀`)
興津さんからは「お詫び状」としたお手紙が届いていました。
小野さんが代読してくださったのですがそのお手紙を客席にも見せてくださって、比較的前方に座っていたのでその内容が見えたのですが、丁寧に筆ペンで書かれていて、なんか♪とか☆(♡だったかも)とかの記号が見えました(可愛いな)
最後の方に「四露死苦!!!」とデカデカと書いた後に「あとはお願いしま~す…」みたいな文章がどんどん小さくなっていく文字で書かれていました(笑)
あと何故か年齢を書いてあるように見えたのですが…じっくり読めるほどは見えなかったので気のせいかな??

イベントはトークコーナーとバラエティーコーナーとライブコーナーで約1時間20分ほど。
まぁステージに金の掛かっていなさそうなイベントでした(笑)用意されたのって画用紙とパソコンとヘッドフォンくらい(;´∀`)
トークコーナーでは収録時やレコーディングの思い出を語ってくださいました。
虹組がお話をしているとき、見守るように優しい眼差しで見ていた小野さんがとっても素敵でした(*´ェ`*)
漢組のメンバーも、3人で収録後にごはんに行った話やレコーディングの裏話を興津さんの話題も交えてしてくださってとても楽しかったです。
「ゴクドルミュージック」を聞くときに、それぞれのパートを意識して聞きたくなりましたv

バラエティーコーナーはおなじみの伝言ゲームをしたのですが、
3人で伝言していくという普段見かける人数より短いはずなのに、まったく正確に伝わらないのが面白かったです(笑)
あと、ヘッドフォンから流れる音楽が「U.S.A.」だったので(客席まで漏れ聞こえるほどの爆音だった)、ヘッドフォンをして待機している小野さんがキレッキレで踊っていました(笑)いやー、まさかここでUSAのダンスが見られるとは!お得感♪

最後は虹組のライブ。「星のかたち」と「ゴクドルミュージック」を歌ってくださいました。
「ゴクドルミュージック」の方は「パーリラ♪」のところで漢組も乱入。みんなで「パーリラ♪」言えたり「ハイハイ!」と合いの手を入れることができて凄く盛り上がりましたヽ(`▽´)/


お客さんは約8割ほどが女性でした!男性が多いイベントだと思っていたのでちょっと意外でした。
あと、ちらほらと空席がありましたね…。この時期なので体調不良や様々な事情で来られなかった方が多かったのかもしれませんが、興津さんが出演されない理由で欠席された方の席だとしたらちょっと寂しいなと思いました(´・ω・`)
イベントもすごく楽しかったし作品自体も面白かったので、ぜひ続編を見てみたいです!そして今度は興津さんも揃った全員でのイベントが開催されますように!
でも東映まんがまつりは無理だと思います!(笑)

「Marvel's Spider-Man」本編おわり!

0 Comments
零都(れーと)

PS4「Marvel's Spider-Man」
(2018/9/7)

興津さんがスパイダーマン役で出演されていると聞いて発表時から楽しみにしていました!
自分が操作するプレイヤーボイスが好きな声優さんというのは愛着も感動もひとしおですvv

作品自体の知識は『アメイジング・スパイダーマン』は何度も見たのですが、それ以外はふわっとしか知らないので、キャラクターとかヴィランとの関係は色んな映画や漫画を知っていた方がより楽しめたんだろうなとは思いました。ゲーム中に特に掘り下げられることもなかったですしね。色んなものがてんこ盛りに詰め込まれていた感はありますが、そこは深く考えずにオリジナルストーリーを追うだけでもとても面白かったです!
おかげで他のスパイダーマン作品にも興味が出てきました(^^)

このスパイダーマン、本っっ当にまぁよく喋る喋る喋る喋る喋る!!
興津さんの軽快な喋り方が非常に面白いです!(∩´∀`)∩
少しでも多くのボイスを聞こうと思って、調べられる場所は慎重に見て回りましたし、ミッションをわざと失敗してみたり、中ボス戦では敢えて戦いを長引かせて会話をできるだけたくさん聞こうとしたり…と、普通にプレイするより相当無駄な動きをして遊んでいた気がします(笑)
リーさんやオットーに対する悲痛な叫びも胸に響きました…。
この演技をたくさんの方がプレイして聞いたんだと思うと、なんか凄く嬉しかったです。

操作もやりやすかったです。
私はカメラ操作は上下左右反転しないとまともに動かせないオールドユーザーなので、発売当初は左右反転機能がついていなくて大苦戦していました(;´∀`)チュートリアルが一番死にまくったなぁ。カメラ酔いもしたし…。でも早々にアップデートで機能追加されたので、その後は超快適にマンハッタンを飛び回っていました♪
オープンワールドを自由に飛び回れるのがめちゃくちゃ爽快感があって楽しかったです(人´ω`*)
街の人とハイタッチしたり、『BANANA FISH』の聖地巡礼をしたり(笑)、色んな場所で起こる犯罪を止めたり、やりこみ要素もいっぱいあって本当にスパイダーマンとして生活している気分になれて最高でしたv
簡単操作でスタイリッシュな戦い方ができるのも楽しかったです。ステルスで敵を吊り上げていくのが一番面白かった!
でもザコ敵が割と強くて、舐めて戦ってたらやられることもしばしば(;´∀`)
操作に慣れるまではやたらとピンチになりましたが、空中戦を使いこなせるようになってからはほとんどやられることはなくなりました。
あと、鳩とドローン!!捕まえられなくてイライラしました。
実はこのチャレンジ・ミッションはまだ全部クリア出来ていなかったり…。カメラ酔いしかけました(;´∀`)
本編が終わってこれからDLCをプレイ予定なので、がんばってみようと思います。

ついつい読みゲーばっかりになっていますが、アクションアドベンチャーはストレス発散にもなって楽しいですね!
今月は『バイオRE:2』の発売も控えていますし、余裕があれば『SEKIRO』も遊んでみたいと思っているので、まだまだ我が家のPS4はアクションゲーム専用機として活躍してくれそうです♪

「神凪ノ社 妖狐奇譚」フルコンプ!

0 Comments
零都(れーと)
神凪ノ社 妖狐奇譚
(2018/5/31)

3人攻略のミドルプライスにて発売。
後編にあたる「龍神奇譚」もプレイすると主人公の過去や村の謎とかも判明するのだと思いますが、一応このゲームだけでも完結はしているので単発プレイでも大丈夫です。でも色々気になるので結局続きもやりたくなりますが。

システムは私にはちょっと物足りず。
作品の雰囲気に合わせてかフワッとしたエフェクトでテキストやスチルが出てきたり場面転換したりするのですが、ノーエフェクトでテキスト表示させたり場面転換させたい私にはちょっとイライラしました(;´∀`)
あと、ホイールにバックログ機能がついていないのもストレス。PCゲームはデフォルトで右クリックにテキストウィンドウ消去、ホイールにバックログ機能というのを共通設定にしてほしいです(´・ω・`)
次の選択肢までジャンプのボタンがあるのはいいですね。周回プレイの時にどんどん飛ばしていたら、ちゃんと「未読部分がありますがそれでもいいですか?」みたいに警告してくれるので分りやすかったです。

ボリュームとしては短いです。でも時間のないときにはサクッと進められるのでありがたくもあります。
淡々と進んでいきますが、メッセージ性もそれなりにあるのでやりごたえはありました。
主人公の瑞希ちゃんが可愛いですね。大人しくておっとりしているけど天然ではなく…というお嬢様タイプでなんか守りたくなってきます。
あと、葵くんがめちゃくちゃ可愛かったので攻略したかったです。将来有望ですぞ。ショタも良き。

音楽もスチルも大変美しく綺麗なのでこの作品の雰囲気はとても好きでした(^^)

≫ Read More